先月末に東京で、歯科免疫療法研究会のセミナーに出席してきました。あまりに面白い内容なので、2回にわたって掲載します。

今回の特別公演の午後の部は『本物の家づくり ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅』ということで、株式会社WEDGE澤田升男様です。

住宅については分からないのでコメントのしようがありませんが、和風建築プラス湿気を出し入れする断熱材を使用しましょうとのことだと思います。

木がむき出しの湿気をコントロールする材料を使うことで、人の気持ちが穏やかになったり、子供のアトピーとかが治ったりするようです。

歯科免疫療法研究会のセミナー出席

わが家と診療所は、地元の工務店が木を製材してもらってから建てたものです。おおよそ、30年たっていますが、特に診療所のほうは、建てて数年しかたっていないの?てよくいわれます。

全然隙間等がないし、頑丈だし、なんかトラブルあってもすぐ来てくれるし、改装したい時も、いい業者さんを紹介してくれるし、すごくいいです。