村山市では、現在、12家族39名が避難しております。
村山市歯科医師会では、まず19日(土)に、歯ブラシ50本位とマスク100枚を提供しています。

また、歯科治療が必要な方が3名ほどおりましたので、後輩の先生にもお手伝いいただいて、22日(火)には治療が終わっています。

その後、治療が必要な方もいましたので、すぐ手配をしてやってもらうことになっています。避難された方に聞きますと、見慣れない土地で、健康を害することが一番困って、医療機関も分からなないので、不安だったのですが、助かりましたと言っておりました。

今回は、衛生士会の方にも手伝ってもらって、治療のほうは、敏速に動くことができました。
ただし、こういう震災とかの時は、指揮系統が乱れて、情報が全然伝わらなくなるのが常です。

そこで、普段はおとなしい私ですが、村山市の歯科医師会の会長なので、行政の方・避難してる方・衛生士会の方に、歯科に関してはすべて私を通しなさい。と強く指揮権を発動しました。

ご批判等もあるかもしれませんが、県では、大きくて様々な機関が入るので、指揮系統が乱れて、大変なようです。

11/03/23