『認知症市民フォーラム』で、歯科的立場より、認知症の予防ということで、先月末に、お話しさせていただきました。
まず、物を噛むということが大切で、しっかり咬むことにより、脳への刺激が出て、血液の流れが良くなり、認識の分野が活性化するということを話ししました。

次に、お口の細菌が、認知症・糖尿病・高血圧・心臓病などの原因にもなり、確率的に高くなりますと、実際の細菌を見せながら解説しました。

後からお聞きしますと、お口の中の細菌は、医科の先生方も初めて見た方がほとんどで、ビックリされておりました。
また、訪問歯科診療も、全員できますので利用してくださいということも話ししました。

150名のみなさん、熱心に聞いてくれました。

『認知症市民フォーラム村山』で発表した様子

12/08/08