口が開かない?~顎関節症の原因って何~

口を開けたときに痛みがある、口があまり開かない、口を開けるとガクッと音がするなどの症状がある方はいませんか?もしかしたら顎関節症になっているかもしれません。

今回は顎関節症について詳しくお話しします。

顎関節症

 

顎関節症の症状って?

顎関節症には様々な症状があります。

口を開けたときに痛みがあるねんざタイプのもの、口を開けるときの痛みだけでなく、頬がだるい、偏頭痛などが起こる筋肉に関係しているもの、顎のクッションが原因で口を開けるときに音がする、口を開けようとすると引っかかる感じがあるものなどがあります。

顎関節症は顎関節を傷めている

顎関節症は、顎関節への負担がかかることで起きます。

普段の生活で無意識に負担をかけてしまっている場合もあります。

ではどのようなことが原因となるのでしょうか。

TCHが原因で起こることも

TCHとは、歯列接触癖のことです。人間は普段リラックスしているときは上の歯と下の歯は接触していません。数ミリ開いているのが普通です。

しかしTCHがあると、無意識のうちに顎関節に力がかかることで負担がかかり、顎関節症になりやすくなります。

もし、歯がかみ合っていることに気づいたら、歯が接触しないように軽く口を開けてリラックスする癖をつけましょう。

歯ぎしりや食いしばりで負担がかかる

寝ているときに歯ぎしりや食いしばりを注意されたことがある人は特に気を付けてください。これも無意識のうちに顎関節に強い力がかかり、顎関節症の原因となります。

朝起きて顎がだるいと感じたことがある人は要注意です。

姿勢が悪いことも原因となります

最近はリモートワークなどでパソコンを使用したり、スマートフォンを使用したりすることも多いかと思います。

それらを使うときの姿勢が前傾姿勢や猫背だと、下あごが本来の位置とは違うので、顎に負担がかかり、顎関節症の原因となります。

ストレスが原因となることも

知らず知らずのうちにストレスをためると、歯ぎしりや食いしばり、TCHに繋がります。

ストレスが溜まってきたら、息抜きをしたり、趣味の時間をつくったりして、自分なりのストレス発散法を見つけると良いでしょう。

少しでも気になったら歯科医院へ

顎関節症の症状に心当たりのある方は、症状が悪化する前に歯科医院へ相談しましょう。

マウスピースでの治療法などあなたに合った治療法が見つかるはずです。

手軽なマッサージなどもありますのでやってみるのも良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。