東京歯科大の名誉教授の奥田先生が、東京歯科大の同窓会・学術講演会ということで、山形までわざわざ来てくれました。口腔内細菌学の日本トップの方です。

ちょうど2年前に、国際歯周内科学研究会で講演していただきました。その時のDVDを何十回と見ており、バイオフィルムをいかに破壊するか かなり参考になっており今の診療スタイルの基礎となっています。

今回のテーマは「口腔内バイオフィルム細菌との戦い」(ヘルスプロモーションのリーダーは歯科医師)ということです。体全身を使って、身振り手振りでユーモアを交えながら細菌学についてお話しされました。

お口の中の歯周病の細菌は、糖尿病・肥満・高血圧・メタポリックシンドローム・骨粗しょう症・早産、低体重児出産などの原因になって、それを除去できるのは、歯科医師しかいないと強調されました。たった1時間30分でしたけれど、非常に有意義でした。

口腔内バイオフィルム細菌との戦い

菊地歯科 院長