東北大学歯学部山形支部20周年記念講演として、新潟大学医学部の安保徹先生に6月27日にお話ししていただきました。

免疫学」のトップの先生です。

安保先生は、東北大学の歯科細菌学口座に、17年間勤められて、ちょうど私も在学している時にもいらっしゃったとのことです。
でも、たまたま、アメリカに留学中でお会いできなかったとのことです。残念です。
さて、話の内容は、白血球の状態を、正常な状態にすれば免疫力を高められて、がんも怖くないということです。

歯周病も免疫力をアップして、口腔内細菌に抵抗できるようにするのが大切だと思います。これはYM療法にも通じる考えだと思います。ただ局所的ではなく全身を考えながらやらないとだめだと思います。

YM療法の考え方素晴らしいと思いました。

免疫学の権威 安保徹先生山形へ来る

当医院では8月より「安保徹コーナー」を作って、いかに免疫力を高めることが大切かを説明したいと思います。