村岡秀明先生が仙台に来られました。昨年の東北大歯学部卒後研修にも、大学の同級生の松下寛先生といっしょに講演なされました。
その時は、連休中であったので、研修を受けられる方があまり多くありませんでした。また、インプラントの講習は満杯になるのに、総義歯の講習は少なくてと嘆いておられたのが心に残っております。
インプラントについては、私の地区は、やられる方が少ないのと、インプラントをやるにしても、インプラントに過大の期待を描いており一生持つもんだと思っている人がほとんどです。インプラントは、手入れしないとすぐダメになります。

実際は、天然の歯の歯周病にかかっている歯より維持・手入れするには難しいと思います。

また寝たきりになって口腔内をきれいにするとき、逆に邪魔になってしまいます。

それよりは、ぴったりした総義歯を入れたほうがいいと、私は思っています。
一応ある程度は、ここ数年、吸着できる総義歯ができるようになっていると自負しております。

上記の村岡先生・松下先生はじめ、T先生、S先生、I先生、お目にかかったことがないがいつもDVDで勉強しているA先生、本当にありがとうございます。
奥が深いことですが、下の総入れ歯くっつくように、もっと頑張ります。