先ごろ、某眼科さんが、消毒・滅菌が徹底していないため、感染症を起こし提訴されるという失態をしました。

歯科では、特に歯を削る機械は、感染を起こしやすいと言われます。当医院では、前々から、削る機械は、一人一人滅菌してお出ししております。

お一人お一人の、安心と安全のために感染防止を徹底しています。

また、昨年の12月より、国が定めた消毒・滅菌の基準をクリアーしており、厚生労働省より院内感染防止対策ができている歯科医院であるとお墨付きをもらっています。

主たる基準

① 歯科医師が感染防止対策の研修会に行っていること。
② 歯科衛生士が1名以上いること。(当医院では現在3名)
③ AED、酸素ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーターを
設置していること。
④ 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や専用の
機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等、
十分な感染対策を講じていること。
⑤ 歯科ユニットごとに、歯科用吸引装置を設置していること。
⑥ 医療安全対策を実施している旨院内掲示を行っていること。
などです。

 例

削る機械の滅菌

削る機械の滅菌

大型吸引装置

大型吸引装置

AED

AED

  • 新型インフルエンザ対策もしっかりしています。
    * 感染防止対策の内容を詳しく知りたい方は、左の項目か待合室の説明書きをお読みください。