山形県村山市の菊地歯科クリニックは、地域(山形県村山市)の歯科医療のために日夜努力しております。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯周病

タグ : 歯周病

歯科診療と妊娠01~母子手帳を活用しましょう~

妊娠すると市町村から母子健康手帳を受け取ると思います。

母子健康手帳には、妊娠中~出産~出産後の妊婦の健康状態や、アドバイス、出産の重要事項、生まれてきた子供の健康状態などが記載されます。

また、生まれてきた子供の成長記録や予防接種の記録にも使われます。

母子健康手帳

妊娠中も歯科検診をしたほうがいいの?

妊娠をするとお腹の中の赤ちゃんに害があるのではないか、、、と思い虫歯があっても歯医者さんに行かない方がいますが、それは間違いです。

妊産婦歯科検診って?

定期的に行われる妊婦健診では、お口の中の状態までは見てくれませんよね?

そのため、ご自身で歯医者へ行き歯科検診を受けてもらうか、自治体によっては歯科検診費用の助成や、母子手帳を受け取るときに合わせて歯科検診を行ったり、案内を受けることが多いようです。

気になる方は市役所や保健所の方に問い合わせてみてください。

ではどうして妊娠すると歯科検診したほうがよいのでしょうか?

詳しくお話しします。

1.妊娠中に虫歯や歯周病が進む

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されます。このホルモンはお口の中にも影響を及ぼすため、歯周病になりやすくなります。

また、つわりがひどい方などは歯磨きを入れるだけでも気持ち悪いと感じられる方も多くいます。その結果お口の清掃状態が悪く、細菌が増えることで虫歯が悪化したり、歯茎が腫れたりというトラブルにつながります。

2.歯周病の悪化で胎児に影響が!

重度の歯周病になるとお腹の中の胎児にも影響が出てきます。歯周病は歯の周りの組織が細菌感染することで起こります。

この細菌がお母さんの血液を通って子宮内に感染してしまうことで、低体重児出産や、早産の危険性が高まると言われています。

3.口腔内をキレイに保ちましょう

先ほどもお話ししたように、つわりが原因でお口の中の清掃状態が悪かったり、虫歯があるのにそのままにしていると産まれた赤ちゃんに虫歯菌が移ってしまいます。

よく知られているのが、スプーンなどを親子で共有すると唾液の中の虫歯菌が赤ちゃんに移ってしまうというものです。

出産後は育児が忙しく歯医者に行く時間をとるのも難しくなります。

そうならないためにも、赤ちゃんが産まれる前にしっかりと治療しておきましょう。

口の中にカビが生える?!

みなさんが生活していく上で、キッチンの洗い場やお風呂場などの水周りにはカビが生えやすいという事はご存知かと思います。

しかし、お口の中にもカビが生えるという事を知っている人は少ないのではないでしょうか。 

口腔カンジダ症とは

口腔カンジダ症とは、お口の中にカンジダ菌(カンジダ・アルビカンス)という真菌(カビ)が異常に繁殖して起こる感染症です。

Wikipediaより→

<原因>

口腔カンジダ症は、カンジダアルビカンスという菌が原因で起こります。

しかし、このカンジダ菌はみなさんのお口の中に常にいる常在菌です。

そのため、誰でもカンジダ症を起こすリスクを持っています。

カンジダ菌は常在菌のため健康な人には発症しません。特に発症しやすいのが、体が疲れているときや、風邪などで免疫力が低下している時、乳幼児や高齢者などの体が弱い人、癌の治療などで抵抗力が低下している時にカンジダ菌が増殖しやすくなります。

また、糖尿病や長期間抗菌薬を服用している方もカンジダ症を発症する原因の一つです。 

<症状>

カンジダ症には急性型と慢性型があります。

・急性型

偽膜性

お口の中の粘膜の表面に、乳白色、灰白色の白い苔状のものができる。
形としては、斑紋状、点状、線状のものが付着する。
偽膜性はガーゼやティッシュでぬぐいとることができる。

萎縮性

白苔がないのが特徴。
偽膜性よりもヒリヒリとした痛みがある。
舌乳頭の萎縮など。

肥厚性

カンジダ症が長引いて慢性化したもの。
白苔は粘膜からはがれにくい。
粘膜の上皮がまだら状に厚くなる

<治療法>

内服薬、塗り薬、うがい薬などを服用する事で効果があります。 

カンジダ症を発症しないためにも、お口の中の常在菌であるカンジダ菌を増殖させない事が重要になります。

そのために、お口の中を清潔に保つようにしましょう。入れ歯を入れている方は特に、入れ歯の素材にカンジダ菌が付きやすいので入れ歯を清掃する時は水だけでなく、専用のブラシや、入れ歯洗浄剤なども併用してこまめに洗うようにしましょう。

お口の中を見たときに白い苔のようなものが見られたら歯科医院に相談するようにしましょう。

若年性歯周病(侵襲性歯周炎)について

歯周病と聞くと、中高年にかけて発症する病気と思われがちです。

増えている若年層の歯周病

近年、小学生や、10代、20代の歯周病も増えており、30歳以下の若年層で発症した場合を、若年性歯周病(正式名 侵襲性歯周炎)と呼ぶようになりました。

若年性歯周病の特徴は、

  1. 通常の歯周病よりも急速に進行します。
  2. 前歯と、第一大臼歯に限って発症することがあります。
  3. 家族集積性が見られることがあります。(家族集積性とは、ある形質が、特定の家族内または家系内に高い頻度で認められること)
  4. 一般的な歯周病の治療ではなかなか治りません。

若年性歯周病の原因は、

  1. 免疫抵抗力の低さがあると言われています。通常なんでもない程度の汚れに対して、若年性歯周病の方は過敏反応し、炎症を起こすのです。ですから若年性歯周病の方は慎重に口腔ケアをしていかなくてはなりません。
  2. 歯磨きの仕方や、回数、食事のとり方や、生活習慣に問題があるなど、正しいプラークコントロールができていないといった問題があります。
  3. 免疫機能、特に白血球機能低下が原因とも言われています。
  4. 特殊な細菌Aaによる感染も原因の一つと言われています。
  5. 遺伝的な問題や夫婦間での水平的感染から、子供へ垂直的感染が原因とも言われています。

若年性歯周病の症状は、通常の歯周病と変わりありません。まず歯茎が腫れて出血します。これを放置しておくと、歯を支えている骨が破壊され、歯がぐらぐらしたり、痛みを伴うようになり、最終的には抜け落ちてしまいます。歯周炎特有の口臭もあり、症状が進行すると共に口臭がきつくなります。

若年性歯周病の治療法

若年性歯周病は進行速度が早い為、早期治療が大切になります。通常の歯周病治療に加え、抗菌剤や抗生物質といった薬物療法による治療が有効な場合もあります。また症状がかなり進んでしまった場合は、歯ぐきを切開して歯石の除去を行う外科的処置を行います。

外科的処置をした後でも再発をする可能性があるために、正しい歯の磨き方を覚えるなど、日々のプラークコントロールと定期的な歯科検診を行うことが重要です。

お薬で治す歯周病(歯周内科)はこちらをご覧下さい>>

歯周病が招く低体重児出産 その原因と予防法について

全ての妊娠をした女性は健康な我が子の出産を望んでいるのではないでしょうか?

低体重児出産について

低体重児出産についてインターネット辞典Wikipediaで検索してみると、1980年に5.2%だった2,500g未満出生児の割合は、1990年に6.3%、2000年に8.6%、2009年に9.6%と増加をたどっています。 また、新生児全体の体重としても、厚生労働省が10年ごとに行う「乳幼児身体発育調査」において、戦後の経済成長とともに増加を続けていた平均出生体重が1980年をピークに減少に転じ、2000年には戦前の1940年~1942年を下回る水準に達しています。

なぜ、今低体重児出産が増えているの?

他の先進国で女性の体格向上に伴い出生体重も漸増を続けているのに対し、日本での傾向は特異的です。なぜ、今低体重児出産が増えているのでしょうか? 近年、問題視されている低体重児出産の原因に、喫煙・飲酒・歯周病などがあります。 なかでも重度の歯周病にかかった妊婦が低体重児出産をする確率は、健康な歯肉の母親に比べて約7倍になります。これは、喫煙、飲酒している割合よりもかなり高い確率です。

歯周病と低体重児出産の関連性

そのなかでも歯周病と低体重児出産の関連性について調べてみました。 歯周病が低体重児出産を招く原因として、歯周病菌が炎症を起こした歯肉の血管から血中に入り込み、それが羊水内に入り胎児の成長に影響を及ぼすと言われています。 また、歯周病が早産を誘発するメカニズムは次のように考えられています。お口の中に歯周病菌が増えると、免疫のバランスが崩れます。すると免疫を担当する細胞から「サイトカイン」という情報伝達物質が出されます。このサイトカインが過剰にでると炎症が起き、歯肉や歯槽骨を破壊する酵素が出やすくなり歯周病が進みます。妊婦の胎内では血中サイトカイン濃度は出産のゴーサインとみなされ、濃度が高まると妊婦の子宮収縮が始まり、十分に成長していない状態で赤ちゃんを産む早産・低胎児出産に繋がるのです。 一方で、妊娠中はつわりによって、歯磨きが不十分だったり食事が不規則になったりしますね。その上、胎盤で作られるホルモンが歯周病菌を増殖しやすくするため、歯周病が悪化しやすいと言われています。歯周病は早産による低体重児出産のリスクになるだけでなく、歯周病にもかかりやすくなるのです。

リスクがある低体重児出産

低体重児出産には様々なリスクがあります。低体重児の特長として、呼吸がうまく出来なかったり、脳に障害があったり、感染に対する抵抗力が弱い、栄養を摂ることが難しい等様々です。このリスクが新生児死亡の原因となったり、新生児の成長を妨げたりするのです。 妊娠する前から定期検診を受けて、歯周病や虫歯を治療しておくことがとても重要になってきます。 生まれてくるお子さんのためにも、歯科検診を受けましょう!

虫歯と歯周病は感染症

患者さんから

「治しても、治してもまた虫歯になってしまう。」

「きちんと磨いているのに、虫歯になってしまう。」

こんな話を聞くことがあります。 自分ではきちんとケアをしているつもりでも、再発してしまう…これには原因があったのです。それは、虫歯、歯周病は感染症のひとつだという事です。

感染症とは

感染症といえば、インフルエンザやエイズなどが思い浮かびます。感染症とは、ウイルスや細菌、寄生虫などの微生物が体内に侵入し、組織や臓器の中で増殖し、その結果生じる病気のことをいいます。

虫歯菌(ミュータンス菌)の感染によって起こる虫歯

虫歯は、原因菌である虫歯菌(ミュータンス菌)の感染によって起こるのです。したがって、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。例えば、母親や、周囲の大人が口移しで食べさせたり、同じスプーンやはしを使うことによって、唾液を通じて感染し、そのまま子供の口の中に、菌が棲みついてしまうのです。 母親の虫歯菌が多いと、子供の虫歯菌の数も多く、虫歯になるリスクが二倍以上高いというデータもあるのです。

歯周病も歯周病菌の感染でなる

また、歯周病も同じく歯周病菌の感染により起こるのです。虫歯菌と同様に、元々はお口の中には存在しない菌が、親から子へ、または夫婦間で感染しているためです。感染ルートとしては、食事の際の回し飲みや、回し食い、はしの使いまわし、キス、くしゃみなどで唾液を通じて感染します。 例えば、歯周病(慢性歯周炎)の代表的な菌である『ジンジバリス菌』は、親子や夫婦から感染すると報告されています。また、若年性歯周病の原因菌とされている『アクチノマイセテムコミタンス菌』は、大人から大人へと感染することはなく、10歳程度のまだ永久歯が生えそろわない時期に大人から子供へ感染することが研究により報告されています。

生活習慣病と感染症という、二つの側面

虫歯と歯周病は、生活習慣病と感染症という、二つの側面を持っています。 したがって、食事の改善やブラッシングだけでは、十分に予防は出来ません。虫歯や歯周病の治療をしても、その後再度感染すればまた進行してしまいます。 私達は生活する上で細菌感染から完全に逃げることはできません。つまり、外来から感染したとしても 虫歯や歯周病が進行しないような 口腔内環境を保つことが大切なのです。 そのためには自分自身で行う毎日のケア《セルフケア》と歯科での定期検診による虫歯や歯周病の早期発見、早期治療やクリーニング衛生指導等《プロフェッショナルケア(PMTC)》で常にお口の中の環境を整えておくことが大切です。

一般歯科

当医院の治療のやり方

●初診時
●急性症状のチェック
●レントゲン、口腔内写真、位相差顕微鏡によるばい菌の確認
●急性症状を取る。

口腔内写真 説明風景

口腔内写真 説明風景

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

◇ 2回目以降
歯科治療をしながら歯周病の治療も進める。
それを数回行って、定期健診へ移る。

◇ 子供さんの虫歯の治療
虫歯は音の出にくい機械で治療します。
また、虫歯を数値化してそれによって治療法を決定します。

歯面状態認識装置(ダイアグノデント)

歯面状態認識装置(ダイアグノデント)

隠れ虫歯を発見する装置です。平成17年より当医院では導入しておりますが、レーザーで隠れ虫歯を数値化できるといっても、患者さんが信用してくれませんでした。

平成20年11月11日(火)に、『ほんとは怖い家計の医学』の中で超最先端の検査法ですよと紹介していました。

無料で検査しておりますので来てみてください。小・中・高校生の虫歯は必ずチェックしてから治療しております。

黒いから虫歯ではありません。

歯科衛生士 鍵和田さん山形に来る

GCのセミナーで有名な鍵和田さんに山形に来ていただきました。若手の歯科医師の方を育てる会の招きで、忙しいにもかかわらず、講演していただきました。

前半は、オーソドックな歯周治療のお話しで、後半は実習です。
素晴らしいテクニックを持っていて、みんなからうらやましがられておりました。

当医院は、歯周病は細菌の感染症である。ということから治療しております。
まだ、大多数の歯科医師はそれを無視して、歯周治療をやっています。
しかし、歯石を取る基本的テクニックは大切ですので、当医院の衛生士もかなり勉強になったかと思います。

研修の後は懇親会で、時間がなくて質問できなかったことを聞いて今後の診療に生かしていきます。

魔法のキュレッターの使い方 実習の様子
魔法のキュレッターの使い方 しっかり教えてくれます。

12/05/31

阿部二郎・亀田先生のセミナーへ出席!

震災応援セミナーということで、仙台で阿部二郎・亀田先生のセミナーが開催されました。

お二人とも日本の総義歯界のトップの方です。
阿部先生は下顎吸着義歯、亀田先生は2本インプラントしての下顎義歯吸着ということで有名です。

今回は、いつもと違って、歯周病を治してから、入れ歯とかかぶせ物を入れましょう。ということです。

歯周病を小康状態にすることは、歯科医師では基本中の基本です。
また、歯周病菌をコントロールすることによって、糖尿病・高血圧・心臓病・骨そしょう症などになる確率が少なくなります。

当医院では、細菌をコントロールする方法として歯周内科治療高純度の次亜塩素酸療法の二つをやっております。

このホームページを見て、もっと詳しく知りたい方は、資料がありますので問い合わせください。
歯周治療をベースにしたかぶせ物とか入れ歯が、歯科の未来を救います。

阿部二郎・亀田先生のセミナー

11/08/30

つかもとセミナーの講習会を受けました。

歯周内科学研究会の指導医であるツカモト先生のセミナーを仙台で、7月4日に受けました。
まだ震災の影響が強く、いつもですと、名古屋より飛行機ですぐなのに、今回は新幹線の乗り継ぎで来仙されたとのことです。
5月の生田先生もですが、歯周内科の先生方は、時間等を気にせず講習しに来てくれます。大変、頭が下がります。

さて、今回の中身は、位相差顕微鏡で見た状態と遺伝的に検査した状態と一致するのかということですが、7割方一致するとのことです。

他の方法では、3割しか一致しないのでかなりの確率でいいようです。早く、位相差顕微鏡が保険制度に入ってくれたらなと思います。

当医院では、お口のばい菌を無料で見せています。歯周病も虫歯もお口の中のばい菌が関係していますので、菌をしっかりコントロールすることが大切です。

つかもとセミナーの講習会

暑い中、熱弁を奮っています。

11/08/22

歯周病は人類史上最大の感染症

感染者の多い歯周病

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス世界記録にも載っているそうです。

全身の状態にも影響

歯周病は歯を失うだけでなく、心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病などを悪化させるなど、皆様の全身の健康状態に悪影響を与えます。厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、歯周疾患に罹患している割合が、五十代の人で約半数に達しており、また高齢者の歯周疾患患者が増加していると言われています。
フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」で「歯周病(歯槽膿漏)という病気」を調べてみると、人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどである。日本が「歯周病大国」と呼ばれているとの主張もありますが、一方では、この統計には8020運動の推進などにより、高齢者になっても残っている歯の本数が増加し、統計上は必然的に歯周疾患が増加しているという指摘もあります。

サイレントディシーズ

この病気は24~25歳頃から始まり、ゆっくり進行することが多いため、特に40大半ばからは進行が早くなり、歯がぐらぐらになって、抜歯や入れ歯となるケースが増えてきます。別名、サイレントディシーズ「静かな病気」とも呼ばれています。
なぜ歯周病(歯槽膿漏)という病気になるのでしょうか?実はこの病気は虫歯と同じ細菌感染症なのです。その細菌の固まりがプラーク(歯垢)です。ですからプラーク、あるいは歯石がついていないことが重要です。

歯石は自分ではとれない

太古の時代には人間は歯ブラシを持っていませんでしたので、理屈から言えば、プラークは健全な食生活で落とすことが出来ますが、歯石はブラシでは落とすことができません。そのため、歯石を取るためにはスケーラーという特殊な器具が必要で、この器具を使って歯科衛生士が歯石を取っていきます。

まずは禁煙から

つまり、毎日きちんと大切なご自分の歯を磨いても、いつの間にか歯周病(歯槽膿漏)という病気にかかっている可能性があるということです。歯石は歯周病(歯槽膿漏)という病気を引き起こす原因と考えられがちですが、歯石が病気を起こすのではなく、プラークの増殖を助けるため、定期的に歯石を取らなくてはいけません。

歯周病には、これらのプラーク以外にも「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」などの原因が複合的に関与しています。この中で最も大きな危険因子が喫煙ですので、歯周病対策には、まず禁煙が必要です。

歯科医院でのチェック

「歯肉が腫れる」「歯肉から出血する」「口臭が気になる」「歯がグラグラする」などの歯周病特有の症状がなくとも、このような症状が現れる前に定期的に歯科医院で健康をチェックすることが大切です。

気になる方は受診を

「症状が気になったら、すぐに歯科医院を受診してください」と言っている歯医者さんは予防に熱心でない場合が多く、あまりお勧めできません。ただ、予防に熱心でない先生方(比較的古い世代の先生方)は、案外と抜歯が得意だったりするので、大切なご自分の歯を抜いてもイイと思っている患者さんにはお勧めかもしれません。

歯周内科治療はこちらへ⇒

お薬で治す歯周病(歯周内科)

歯周病とは、虫歯と並んで歯を失う2大疾患です

40歳以上の、80パーセント以上の方が罹っております。この病気の恐ろしいところは、初期の場合には、腫れた・ぐらつくなどの症状が出ません。それで、放っておくと重症になってしまいます。歯科医院に来院した場合には、ひどくなっているのがほとんどです。

その原因は、今までは、生活習慣病で歯を磨かないからだと言われておりました。ところが、お口の中のプラーク(白くねばねばしたやつ)を位相差顕微鏡で見ますと、ゴジャゴジャと様々なばい菌がいっぱいいることがわかったのです。
しかもそれは歯周病を、引き起こす大きな原因になっている事がわかりました。

そこでばい菌をコントロールする方法として簡単で痛くなく手軽に出来る方法としてお薬で治す方法が考えられました。お薬が飲めない方は、別の方法があります。心配しないで下さい。

歯周内科治療を行う上で重要なこと

この方法をやるには大きな前提があります。1つは、院内感染防止対策をやっていること。2つめには、ちゃんとした位相差顕微鏡を持っていることです。
滅菌・消毒をしっかりやって、ばい菌を調べながらやります。

位相差顕微鏡 位相差顕微鏡

歯周病 位相差顕微鏡

治療前の菌の状態と治療後の菌の状態です。


治療1週間後の自覚の症状の変化

歯ぐきからの出血 著名に改善 65% 有効率85% 
改善 25%
口臭 著名に改善 55% 有効率90% 
改善 35%
朝起きたときのネバつき 著名に改善 55% 有効率85%
改善 30%
歯ぐきからの膿 著名に改善 76% 有効率88% 
改善 12%

その他、噛んだときの痛み改善、腫れの改善、グラグラ改善、しみる感じ改善などもあります。

やり方は当医院へ問い合わせください。
TEL 0237-55-6700

PAGETOP