山形県村山市の菊地歯科クリニックは、地域(山形県村山市)の歯科医療のために日夜努力しております。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 虫歯

タグ : 虫歯

妊娠と虫歯の関係

妊娠すると虫歯になりやすいって聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

今回は妊娠と虫歯の関係についてお話ししたいと思います。

妊娠すると虫歯になりやすいのはどうして?

どうして妊娠すると虫歯になりやすいのでしょうか。

詳しく説明していきます。

唾液の変化

妊娠するとホルモンのバランスにより唾液の性質が変化します。

妊娠すると唾液の量が通常より減少します。そのため口腔内細菌を殺す力が弱まり、再石灰化の働きも弱まることで虫歯になりやすい環境となります。

また、お口の中の唾液が粘り気がでることで細菌が活動しやすくなります。

つわりが原因の場合も

妊娠した人には個人差はありますが、つわりがある人もいると思います。つわりがひどい人は、お口の中に歯磨きを入れると気持ち悪い、歯磨き粉の匂いがダメといった症状がでてきます。

そのため、歯磨きをする回数が減り、だんだんプラークや細菌がお口の中にたまることで虫歯になりやすい環境となります。

つわり

虫歯になってしまったら

では、虫歯になってしまったら妊娠していても治療はできるのでしょうか。

妊娠中の歯科治療

虫歯になってしまったところを削って詰める治療は妊娠中でも行うことができます。虫歯を放置していて出産し、痛みが出てきて育児と両立。。。というほうが大変ですよね。

むし歯があるのであれば妊娠中にしっかりと治療しましょう。

妊娠中は避けたい治療

虫歯の治療は可能ですが、妊娠している時は避けたほうがいい治療もあります。

それは、歯周外科手術などの外科的な処置や、親知らずを抜くなど歯の抜糸をすることです。親知らずが気になっている方は、妊娠前に抜歯することをお勧めします。

妊娠していることを伝えましょう

妊娠している、または妊娠の可能性がある場合はその旨をしっかり担当の医師に伝えるようにしましょう。

また、歯科治療をするのは、妊娠中期ごろに行うことをお勧めします。妊娠初期では、つわりがある方が多いことや、長時間の治療、痛みをともなう治療は流産につながる危険があります。

治療をする際もお腹の張りがあるときは予約を変更しましょう。治療で診療台を倒すときに楽な姿勢をとれるように相談するのも良いと思います。

虫歯の予防が大切

では、虫歯を予防するためにはどうしたらよいのでしょうか。

妊婦での歯科治療は麻酔を使うことも不安ですよね。また、つわりでお口の中に器具を入れるのも気持ち悪いという方もいらっしゃいます。

そのため、虫歯にならないようなお口の環境作りをしていきましょう。

大切なのは毎日の歯磨き

まずは、毎日の歯磨きです。つわりでつらい時は、最低でもうがいなどは行うとよいでしょう。また、自分ではきれいに磨いているつもりでもほとんどの方が完璧に磨けているとは言えません。

定期的に歯科医院で検診をし、クリーニングをしてもらいましょう。

“銅”の力で殺菌?

みなさん“銅”には殺菌効果があるのをご存知ですか?

分かりやすい例でお話しすると私たちの身近にある10円玉。この10円玉を臭いのある靴やブーツに入れるとなんと消臭効果を得る事ができます。これは、臭いを発している菌を銅(10円玉)が殺菌する事で消臭ができるというわけです。

この他にもドアの手すりやドアノブに銅を使用する事で院内感染予防になるとまで言われています。

ドックベストセメントについて

この銅の殺菌効果を活用して誕生したのが、<ドックベストセメント>です。

 

虫歯

ドックベストセメントとは? 

普通虫歯の治療では、感染した部分を全て削り取ります。

ドックベストセメントを使用する時は虫歯になった部分(軟化象牙質)を全て削るのではなく、一部だけ残します。そのため、必要以上に歯を削ることがないので、ほとんど痛みを感じません。

また、ほとんどの場合麻酔の必要がありません。ドックベストセメントは虫歯になっている軟化象牙質を殺菌し、再石灰化を促す作用があります。そのため軟化象牙質を残したほうが都合がよいのです。

ドックベストセメントの半永久的な薬の作用により殺菌力が永久に続き、浸透殺菌の期待もできるようです。

虫歯だけでない効果

虫歯だけでなく、歯の根っこの先の病気や知覚過敏にも効果が期待できます。 ドックベストセメントの主成分は銅や亜鉛、リン酸などの天然ミネラルです。そのため副作用などの危険はありません。 

しかし、ドックベストセメントにも欠点があります。

・深い虫歯に対応できない 

虫歯が大きく、強い痛みのでている歯に無理に使用してしまうと逆に症状を悪化させる可能性がある。 

・保険外の治療 

ドックベストセメントの治療は保険外の自費の治療となる。 

・経過観察が必要 

虫歯を全部削り取っているわけではないので、術後の状況や変化をしっかり観察する必要がある。大きい虫歯などは歯の中で神経が死んでしまったりしている可能性などがあるため。 

・前歯など見た目が気になる歯には使えない 

虫歯によって変色や、着色してしまった歯でも全部削りとらないため審美性を重視される方にはオススメできない。

このように良いところもあれば欠点もありますが、気になる方は一度歯科医師に相談してみてはいかがでしょうか。

Wikipediaより

虫歯があると宇宙飛行士にはなれない?

みなさんの中には、虫歯になると宇宙飛行士になれないと思っている方が多いのではないでしょうか?

確かに虫歯があると宇宙飛行士にはなれません。しかし、虫歯があってもしっかり治療をしていれば問題ありません。

宇宙飛行士

なぜ虫歯があると宇宙飛行士になれないのでしょうか? 

宇宙で作業するとき宇宙服の中の気圧は約0.3気圧まで減圧されます。

スペースシャトル内と同じ1気圧のまま船外にでてしまうと、気圧の差で宇宙服が膨れ上がってしまい、指や手、足などが曲がらなくなり作業ができなくなってしまいます。

そのため、0.3気圧まで減圧した環境で作業を行うということです。

0.3気圧まで減圧したときに、お口の中に虫歯や治療が途中な歯があり空洞などができていると、中の空気が膨張して内側から歯を圧迫するため痛みを生じる場合があります。

その後、詰め物の隙間などから空気が入ることで周囲と同じ気圧になります。

同じ理由で戦闘機などのパイロットも虫歯の治療をしていないと操縦する事ができないそうです。

高い山などに登った時も気圧の変化で歯に痛みが出たりすることがあります。

このように、気圧の差がある環境で作業をする時は注意が必要です。 

もし宇宙で歯が痛くなってしまったら? 

まず痛み止めを服用します。

宇宙船の中で歯を削ったりする治療が出来ればよいのですが、歯を削る器械はありせんし、もしあったとしても、削った粉や水分などが飛び散るので大変な事になってしまいます。

痛み止めを飲んでも痛みが取れない場合は、医師の指導の下他の宇宙飛行士が歯を抜く可能性があるそうです。

治療行為は本来国家資格をもつ医師にしか許されていません。しかし、特別に宇宙飛行士に限り治療行為が許されているそうです。もちろん事前に歯を抜く訓練などを受けています。

このように、虫歯があるまま宇宙に飛び立ってしまうと大変な事になります。

そのため、打ち上げの前に虫歯がないか、悪化しそうな歯はないか、治療が不十分な歯はないかなどしっかり検診します。 

虫歯にならないためにも、普段から歯磨きをしっかりし、お口の中の健康に気をつけましょう。

気圧の変化で歯が痛む?>>

気圧の変化で歯が痛む?

みなさんの中に、飛行機に乗ったときや、標高の高い山に登山に出かけた時などに歯が痛くなった経験がある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

最近では日本テレビで放送されている“世界の果てまでイッテQ”の番組内でタレントのイモトアヤコさんがマナスルに登山する企画で、気圧の変化により彼女の虫歯が急性症状を起こしたというのを見た方もいるのではないでしょうか。

世界の果てまでいってQ→Wikipediaより 

なぜ気圧の変化で歯が痛むのか

気圧の変化でよく聞く話が、標高の高い山に登山したとき、お菓子の袋がパンパンになる、飛行機に乗って離陸する時に耳がキーンと痛くなるということがあります。

実は歯の中でもこれと同じようなことが起きているのです。

歯のエナメル質の内部には「歯髄腔」という神経が入っている空洞があります。

歯髄腔はふだん、外の気圧と等しくなっています。

しかし、飛行機の離陸や登山などで短時間の間に外の気圧が下がると、気圧の変化に対応しきれず、低下した外の気圧との差で内側から圧がかかり一時的に痛みがでることがあります。

このとき激しく歯が痛む場合は虫歯があることがほとんどです。

通常はひどい痛みがでていない虫歯でも、気圧の低下により激しく痛むことがあります。これらを「気圧性歯痛」・「航空性歯痛」といいます。

「気圧性歯痛」・「航空性歯痛」の特徴

特徴としては、

健康な歯髄や適切に治療された歯にはおきにくい。

気圧高度が8000~10000フィート(2500~3000メートル)付近で起きやすい。

慢性歯髄炎などがあると急性かすることがある。

などがあります。 

登山や飛行機のほかにも、スキューバダイビングや台風などの気圧の変化でも痛みが出る可能性があります。 

虫歯は治しておきましょう

予防としてはこのようなことにならないためにも虫歯があるときはもちろん、虫歯が無いときでも定期的に歯科医院を受診し、健康なお口の中を保つことが大切です。

知っておこう!赤ちゃんのお口の中!

みなさんは、赤ちゃん歯がいつごろから生えてきたり、どのように歯を磨くのか知っていますか?

今回は赤ちゃんの歯やお口の中について詳しくお話したいと思います。

赤ちゃんはいつから歯が生えるのでしょうか?

みなさんも知っているように、生まれたばかりの赤ちゃんはまだ歯が生えてきていません。
一番初めに生えてくる歯は6ヶ月頃に下の前歯が2本生えてきます。
次に10ヶ月頃に上の前歯が2本生えてきます。
そして1歳になった頃に、上下4本ずつ前歯が生えてきます。
1歳4ヶ月頃に上下左右1本ずつ奥歯が生えてきて、2歳6ヶ月頃にはさらに上下左右の奥歯が1本ずつ生えて乳歯が生えそろいます。
生えそろった乳歯は全部で20本です。

赤ちゃんには虫歯菌や歯周病菌がない

赤ちゃんの口の中には、虫歯の菌や歯周病の菌は存在しません。
そのため生まれたばかりの赤ちゃんは、最初の感染は親などの唾液からの感染と言われています。
例えば、お母さんが口にした食べ物を赤ちゃんの口に運ぶことで感染したり、お母さんから口移しをしたり、可愛さゆえにキスをするなどでも感染すると言われています。

しかし、いくら感染しないように気をつけていても、何らかの理由でいつかは感染してしまうことがあると思います。
ここで大事なことは、お母さんのお口の中に歯周病や虫歯などを作らないことです。
もし虫歯や歯周病になっていたら放置しないで歯科医院を受診するようにしましょう。
出産前につわりなどの症状がなければ、定期的に検診にいくのもいいのかもしれませんね!

赤ちゃんの歯はどのように磨いたらよいのでしょうか?

最初の歯が生えかけのうちは、お母さんの人差し指などにガーゼを巻きつけ、歯ぐきの部分や、歯の先端などを拭きとってあげる方法でお口の中を清潔にしてあげましょう。

歯が半分くらい生えてきたら、小児用の歯ブラシで歯磨き粉は使わず、優しいタッチで小刻みに磨いてあげてください。

お母さんだけが磨くのではなく、お子さん自身にも歯磨きに興味をもってもらうのも大切です。
最初は、歯ブラシをお口の中に入れる練習をしましょう。
磨かなくても入れるだけで、歯ブラシに慣れてもらいましょう。
歯ブラシを嫌がらずに口に入れられるようになったら、少しずつブラッシングが出来るように練習をしていきましょう。

初めのうちは、一人できれいに磨くのは大変なので、しっかりお母さんが仕上げ磨きをして清潔なお口の中を保つようにしましょう。

つかもとセミナーの講習会を受けました。

歯周内科学研究会の指導医であるツカモト先生のセミナーを仙台で、7月4日に受けました。
まだ震災の影響が強く、いつもですと、名古屋より飛行機ですぐなのに、今回は新幹線の乗り継ぎで来仙されたとのことです。
5月の生田先生もですが、歯周内科の先生方は、時間等を気にせず講習しに来てくれます。大変、頭が下がります。

さて、今回の中身は、位相差顕微鏡で見た状態と遺伝的に検査した状態と一致するのかということですが、7割方一致するとのことです。

他の方法では、3割しか一致しないのでかなりの確率でいいようです。早く、位相差顕微鏡が保険制度に入ってくれたらなと思います。

当医院では、お口のばい菌を無料で見せています。歯周病も虫歯もお口の中のばい菌が関係していますので、菌をしっかりコントロールすることが大切です。

つかもとセミナーの講習会

暑い中、熱弁を奮っています。

11/08/22

虫歯の判断基準について

本日、御年輩の患者さんが、口腔内写真を見て、歯の黒い所虫歯ではないのかと心配されました。

「確かに、昔は黒いと虫歯を疑い削っていました。
しかし今は、レーザーで虫歯を数値化できますので測ってみましょう」ということで、測ったら、全て30以下でした。

「黒くても、実質欠損が確認されませんので大丈夫ですよ」と言ったら、非常に安心されまして、こんなこともできるんだと、ビックリされました。

こんな形で、黒くても虫歯ではないし、白くても安心できません。
虫歯を確定する方法として、ダイアグノデントは有効です。
当医院では、虫歯は必ず測ってから治療方針を決めます。

レーザーで虫歯を測る機械 ダイアグノデント

レーザーで虫歯を測る機械 ダイアグノデント

10/12/03

本格的な虫歯にしない生活ってどんな生活??(前編)

ためしてガッテン:常識逆転!自宅で虫歯を治す法

2008年8月27日放送の「ためしてガッテン:常識逆転!自宅で虫歯を治す法」のテーマは「隠れ虫歯なら治ります」でした。 同番組では、これまでの虫歯治療の常識をひっくり返す新事実が明らかにされたと報じていました。それは、「白い歯は健康」「虫歯は早期治療が一番」などの常識は間違いであり、“隠れ虫歯”という表現ながら、「虫歯は治る」といくつかの事実を示しながら解説していました。

初期虫歯のうちに治療

その秘策とは「初期の虫歯を治し続けて、本格的な虫歯にしない生活を送ること」だそうです。 でも、「虫歯って、自然に治るのかなあ」とか、「自宅で治す方法なんてあるのかなあ」と思っている方が圧倒的に多いと思うので、色々と調べてみました。いつものようにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「虫歯の原因」とか「虫歯 自然治癒」などのキーワードで調べてみると、あまりヒットしなかったので、今回はAll Aboutを調べてみました。

All Abou検索結果

Googleでの「虫歯 自然治癒」での検索結果の第一位は、「虫歯の自然治癒!? 歯の再石灰化ってなに?」というタイトルのAll Aboutの解説でした。 説明文は、 初期虫歯」だったら、虫歯治療をせずに治ってしまうかも知れないことをご存知ですか? と、今回の質問にピッタリだったので、速攻クリックしてみました。(ちなみに検索結果は27,200件で、「虫歯」単独のキーワードでの検索結果2,310,000件の役1/100でした)

隠れ虫歯に注意

番組では、虫歯の進行は歯の表面が溶かされるのではなく、 歯の内部から溶けていき、歯の表面の直下に無数の穴が開き、気泡が入った氷のように白く濁る「隠れ虫歯」の状態になると言っていましたが、All Aboutの解説文からすると、この状態は専門的には「脱灰」というようです。

ホワイトスポットって?

恐ろしいことに、と言うか信じがたいことに、番組では「このような状態をホワイトスポットと言い、白く健康な歯でも、虫歯の進行段階との見方も出来、通常の歯科検診では6人に1人しか見つからない虫歯が、このホワイトスポットに注目して再検診を行うと、ほぼ100%、虫歯が見つかってしまうそうです。

知らぬ間に大きな穴が

前述の「脱灰」というのは、歯の表面に付着した歯垢の中の虫歯菌が砂糖などを取り込み酸を放出し、歯に穴を開けるためと説明しています。そして、“表面から少しずつ”穴ができるのではなく、エナメル質の結晶と結晶の間のスキマから酸がしみこみ、人体で最も固いと言われているエナメル質が、内部から崩壊していく様子を解説しています。その後、何かのきっかけで表面が崩れ落ちて、大きな穴が開いてしまうのだそうです。 続く—

冨本小学校で虫歯・歯肉炎予防の勉強会

昨年に引き続き、冨本小学校で歯科の教室開催しました。今回は4年生担当で、虫歯の危険度をチェックするRDテストを実施し、また赤い液で歯垢を染めだしして、歯磨きの練習しました。

私は、口腔内のばい菌の話担当です。みんな熱心に聞いてくれました。

虫歯の危険度をチェックするRDテストを実施

飲み物の中に砂糖がいっぱい入っているのみんなびっくり!口腔内のばい菌の話

染めると赤くなるし、ばい菌を見てまたびっくり!

09/12/17

歯面状態認識装置(ダイアグノデント)

歯面状態認識装置 ダイアグノデント

隠れ虫歯を発見する装置です。平成17年より当医院では導入しておりますが、レーザーで隠れ虫歯を数値化できるといっても、患者さんが信用してくれませんでした。

平成20年11月11日(火)に、『ほんとは怖い家計の医学』の中で超最先端の検査法ですよと紹介していました。

無料で検査しておりますので来てみてください。小・中・高校生の虫歯は必ずチェックしてから治療しております。黒いから虫歯ではありません。

PAGETOP