山形県村山市の菊地歯科クリニックは、地域(山形県村山市)の歯科医療のために日夜努力しております。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯周内科学研究会

タグ : 歯周内科学研究会

歯周内科学研究会 秋季カンファランス

(義歯のコーティングで匂いなくツルツル)

10月19日に、東京の町田のグランパークプラザで秋季カンファランスを行いました。

今回は、「カンジダを考える」「滅菌」です。

カンジダは、学術的な内容はさるものの、研究を基にした新しい商品を見せていただき大変興味を持ちました。

それは、ナノ銀イオン粒子を使って、カンジダ菌を増やさない方法で、コーティングすると、半年くらいツルツルで、においません。

夢のような、コーティング剤です。

自費になりますが、我々臨床家にとって大変貴重な内容でした。

また、滅菌は読売新聞の報道から半年がたっていますが、いまだに歯科医師会では、ホットな話題です。

当医院では、6年前に『外来環』を取っており、国よりお墨付きを頂いている医療機関です。また『院内感染防止対策協議会』山形県で、一番最初に登録しております。

歯周内科学研究会 秋季カンファランス

14/11/07

 

生田図南先生特別講演in山形へ出席

テーマ 院内感染防止対策

リアルタイムPCR法・歯周内科治療

歯周内科学研究会の顧問である、生田図南先生が7月20日に山形の、GOTOデンタルショーで御講演されました。

私がお願いして、1年半間から企画していましたので、実現したのは大変うれしいです。昨日は、千葉の方で講演されて、疲れているところ3時間にわたって、院内感染防止対策・リアルタイムPCR法・歯周内科治療について講演されました。

普段は、仙台とか、東京に行かなくては話が聞けないのですが、格安で、さわりだけでも聞けるということは素晴らしいことだと思います。

特に、興味がありながら、遠くに行けない方はいい機会だと思います。わが従業員の方も、DVDでは何度も講習をしましたが、直接会うのは初めてですので非常に有意義だったと思います。

生田図南先生特別講演in山形へ出席

13/08/21

歯周内科治療セミナーin山形へ出席

テーマ 位相差顕微鏡を活用しよう!

歯周内科学研究会の理事である、塚本先生がツカモトセミナーを山形で行いました。
私は、何回も先生の講習を聞いておりますが、毎回少しずつ進化しております。今回は、当医院の衛生士の方も一緒に聞いていただきました。
塚本先生は、山形初上陸になります。
本来ならば、9月2日の日だったのですが、東北デンタルショーと重なったので日にちをずらしていただきました。

塚本先生は、今、歯周病菌を遺伝的に調べるPCR法を確立すべく、様々な学会で発表しております。
忙しいのにもかかわらず、本当にご苦労様です。
当医院も、歯周内科学研究会のPCR法がやれる歯科医院ということで認定されております。

ツカモトセミナーを山形で行いました

非常にやさしくかっこいい先生です。

12/10/16

院長プロフィール

菊地歯科クリニック 院長

菊地歯科クリニック 院長

1955年生まれ
・村山市楯岡小学校・中学校卒
・山形県立山形東高校卒
・東北大学歯学部卒
・1983年 現在地にて開業

主たる会員
歯周内科学研究会会員
・YM療法認定医
・日本口腔感染症学会会員
・日本化学療法学会会員
・歯科医師臨床研修指導歯科医
・日本糖尿病協会登録

生田セミナーへ行ってきました。

毎年恒例の仙台での、歯周内科学研究会の生田セミナーを再度受講しました。

昨年は、震災の後で12時間もかけて来てくれましたが、今回はスムーズに来れたようでした。

また、新しく受講される方が17名、再受講が15名で、ぎゅうぎゅうづめでした。山形からは、新しい人が2名、再受講が5名でした。

4月の総会で10周年になり、カビ菌が歯周病に関係があるということが証明されて、会で主張していたことが認められて、うれしい限りだということです。

そこで、今回頂いた資料ではカンジダ症の資料がいっぱいです。

また、遺伝的に歯周病菌を検査するPCR法をかなり格安でできる体制も、整えつつあるようです。当医院も、資格がありますので、早くやりたいと思っています。

生田先生は、歯周内科だけではなくて総義歯も得意
生田先生は、歯周内科だけではなくて総義歯も得意です。

12/06/18

歯周内科秋季カンフェレンス出席

歯周内科学研究会の秋の研修が、東京でありました。
これに出席しないと、認定医が継続されませんので、必ず出席します。
今回のメインテーマは、東京歯科大教授の井上孝先生の 「アートの歯科から検査の口腔科へ」 ということです。
歯科のほうでは、様々の検査をして、診断をするという医科ではごく当たり前のことができていません。

この間は、治療前の口腔内写真を拒否されてしまいましたが、無理のないところです。他の医院でそういうことやっていないし、治療前と後では比較する様々の検査を取っているところがないのですから(当医院はしっかり見せられます。)

また、糖尿病で、ある値がかなり高くて、抜いてしまえば感染症を起こす可能性があるのに、早く抜け早く抜けと言われる患者さんもいます。
とにかく歯科でも検査は大切なんだと訴えたいと思います。

井上 孝先生と研究会のインストラクターの面々

10/10/24

 

歯周内科の塚本先生、仙台に来る!

歯周内科学研究会のインストラクターの塚本先生の研修会へ行ってきました。
塚本先生は、歯周内科の勉強する資料を作っている方で、歯周内科の一番のブレインです。
今回は、彼の作ったDVDを惜しげもなく見せてくれました。

これほど研修会で、細菌のDVDを見るのかよというくらい見せていただきました。特に初めての先生は、びっくりしていると思います。

私の作った、サクランボおいしいと言ってくれました。

塚本先生と2ショット  歯周内科の塚本先生、仙台に来る!

塚本先生と2ショット

10/07/10

国際歯周内科研究会 第1期生認定医獲得!!

第8回国際歯周内科学研究会の総会において、会長の生田図南先生より認定医に認められたと報告がありました。

認定医は全国で3人しかおりません。
壇上に登って紹介していただきました。

歯科関係でこういう認定をとったのは、私にとって初めです。
これは、私一人で取ったのではなく、わがスタッフが地道に、口腔内写真とかポケットの深さとか、位相差顕微鏡検査とかしっかりデーターとして残してくれているからだと思います。この場をお借りして、感謝いたします。

国際歯周内科研究会 第1期生認定医獲得!!

10/04/21

2009/06/21 はなだセミナーへ出席

歯周内科学研究会のインストラクターの花田先生が、仙台で講演なさいました。
花田先生が仙台で講演なさるのは初めてです。

先生とは歯周内科の前夜祭・総会でお会いして以来です。

わざわざ仙台へ来ていただきましたので、ついつい自分で作っているサクランボを、子供さんへのお土産ということでおあげしてしまいました。
すごくパワーがあって、我々にそのパワーをおすそ分けしてくれます。
ドイツのデンタルショーでのお話とか、斎藤一人さんお話とか、前回とまた違ったお話で、2年ぶりに講演を聞きましたが、時間があっという間に終わりました。

床矯正という分野を広めるために一生懸命です。我々が矯正で習ったのは、エッジワイズ法という、金属を歯にくっつけてワイヤーで歯を動かす方法ですが、入れ歯のような装置を使って歯を早めに移動するやり方です。一般的には隙間が少ない時とか、1~2本の不正のかみ合わせの早い段階でやれば、治療費も少なくて済みます。

私的には、矯正の基本的事項もわかっていますし、横顔を分析する装置(セファロ分析)も持っていますので、様々な患者さんに応用できると思います。

花田先生と

歯周内科学研究会のインストラクターの花田先生と

PAGETOP